視点#1;スローイン・ファーストアウト

こんにちは、なこーです。

皆さんこんな人に出会ったことはありませんか?

・一度教科書を読んだだけで内容をほぼ暗記してしまう人
・歩く百科事典のように博覧強記な人
・一言二言いわれただけでどんなことも卒なくこなしてしまう人

こんな感じでときどき「化け物のように頭のいい人」が世の中にいます。

僕の場合、周囲にそういう人がたくさんいます。とてもじゃないけど、彼ら彼女らのやり方では到底勝てない。

そこで、色んな人のノウハウを取り入れようと思いました。実力で勝てないなら、技術で穴を埋めようと。例えば、

・パソコンを使った整理術
・ペンやノートといったツールの充実

他にも色々、枚挙に遑がないほどやってきました。ですが、飽きっぽい性格のせいなのかどれも長続きしませんでした。

しかし結論から言えば、その試行錯誤の中でだんだん自分なりのやり方が見えてきました。いってみれば、僕なりの必勝法です。

それが、題名に上げている「スローイン・ファーストアウト」。

この言葉は、F1などのモータースポーツのテクニックです。英語で表記すると

“slow-in fast-out”

直訳で「ゆっくり入って、素早く出る」という意味です。

具体的には、コーナーに入る前にアクセルを緩めて少し減速させ、最適な進路をとりつつ姿勢を調整。そして、曲がり切ったところでアクセルを踏んで、カーブを一気に走り抜けるやり方です。

ひょっとしたら「一切のムダを省いて抜け道を進み、最短距離でゴールに到達する方法」を連想した方もいるかも知れません。

ちょっと違います。

一言でいうと、初動にたくさん時間をかけるやり方です。気をつけるのは、「最初のうちは、頑張りすぎない」こと。

勉強や仕事を初めて間もないころの「よく分からない」「なかなかできない」という状態になっても気にしない。この心構えを作ろうという話です。ゆっくりでいいから続けるのです。

そして、力を溜めながら準備を整えて、「ここだ!」というところで力を解放し一気にゴールまで走り抜ける。

そうすることで、最初はできなかったことがどんどんできるようになり、最終的に巻き返しができるようになる。

こんな感じです。大まかなイメージは掴めましたと思います。

でも具体的にどうすればいいのかというのでピンときてない人がいると思いますが、

・初めで結果が出なくてもやり続け、力を溜める。
・ここだ!というタイミングで走り抜ける。

この2点さえ抑えてくれたら大丈夫です。

他の記事でより詳しく書くつもりなので楽しみに待っててください。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました